当院のこだわり

丁寧でわかりやすい説明を行う

自分自身のお口の中がどうなっているのか実際はよくわからず、いざ治療を受けても何がどうなったのかはイメージしにくいままで終わってしまうことが多いかと思います。

当院では患者様自身のお口の中で何が起きているのか、何をしなければいけないのかを知っていただき、それを理解していただくことでお口の健康観の向上を目指していきたいと思っております。そのため、お口の中をしっかりと検査した上で丁寧に説明していきます。

特に、悪くなった所だけを治療するだけではなく、悪くなってしまった原因に着目し、それを除去していく必要性があることを理解していただくことが大変重要です。その他にもわからないことや不安に思っていること、聞きにくいことなども何でも気軽に相談できる環境づくりを目指しています。

患者様一人ひとりにとって最適な治療を提案する

お口の中の状況は患者様一人ひとり異なります。同じ病気でも、程度や原因、または治療のアプローチはその人の生活環境によっても異なってきます。

そのため、治療前にはしっかりと検査を行い、その情報から一人ひとりにとって最適な治療計画をご提案し、しっかりとご相談させていただきます。歯科治療は患者様との二人三脚で取り組むことが非常に大事です。治療に対して一方的にならずにお互いが同じ目標に向かって治療をしていけるよう心がけています。

痛みに配慮した治療を行う

お口の中はとても敏感な器官です。かつ治療しているときに見えないところでもあるため、歯科治療における痛みや不安はかなりストレスとなりなかなか通院が大変になることが少なくありません。治療が中断してしまうとさらにお口の状態が悪化してしまう危険性もあります。当院では、患者様がなるべく痛みを感じないように、また診察室で不安にならないようにあらゆる方向から患者様への配慮を徹底しています。気楽に安心して治療が受けられる環境づくりを目指しています。

患者様の将来を見据えたメインテナンス(予防歯科)に取り組む

治療が完了した時点は一見それがゴールと思いがちですが、それは通過点でしかすぎず、長期的に安定したお口の中を維持するためのスタート地点でもあります。お口の健康寿命を伸ばしていくためには、再度問題が起きないようにメインテナンスしていく必要があります。お口の中の状態は一人ひとり違うように、再発のリスクは人それぞれです。当院は患者様にメインテナンスの大切さを知っていただき、個々にあったメインテナンスプログラムをご提案させていただきます。歯医者は悪くなってから通院するのではなく、悪くならないように通院することがとても重要です。