セラミック治療

セラミック治療(審美歯科治療)とは?

一般的に呼ばれている審美歯科は「見た目」の修復です。
審美的な問題を抱える部分は人それぞれですが、代表的な例をお伝えしますと、

  • 銀歯が目立つので口を開けて笑うことにためらいがある
  • ホワイトニングでは白くならないと言われたが、何とか改善したい
  • すきっ歯が気になる
  • 前歯の歯並びが気になる
  • 八重歯を治したい
  • 悪い歯並びを改善したい
  • 歯の着色汚れが気になる

など、様々なお悩みをお持ちの方がいらっしゃいます。
当院では、審美的な改善を行なうためにセラミック治療を行っています。

ホワイトニングをご希望の方はこちらをご覧ください。

みずき野歯科医院がセラミック治療で大切にしていること

機能面

審美的改善も歯科治療の一つと考えれば、ただ白くキレイになれば良いというわけではありません。噛み合わせの高さや咀嚼(噛む)・発音に問題がないかなど機能面まで意識した治療を行います。

外見だけ良くなっても咬み合わせなどの機能がなければせっかく治療しても長持ちすることはできません。
せっかくキレイにするのですから、機能面もしっかりしていたほうが患者様にとっても大きなメリットがあると思っています。

精密な技工物

セラミック治療は大きく分けて3つです。

  • 詰める(インレー)
  • 被せる(クラウン)
  • 貼る(ラミネートベニア)

特にインレーやクラウンに関しては、適合性を意識します。
隙間が開いていては、むし歯の原因をつくることになりかねないからです。そのため技工物には技工士と密なコミュニケーションを取りながら、患者様に最も適合する技工物を作成していきます。

歯全体との調和

審美改善で重要なのは、「ただ白くきれいな歯になればよい」わけではありません。口腔内全体との調和が必要になりますので、歯の形態・色調にこだわっています。

当院のセラミック治療メニュー

セラミックインレー
セラミックインレーは主に奥歯の銀歯が気になる方が行なう治療です。
銀歯を外し、銀歯の下がむし歯になっていないか?を確認します。
むし歯になっていた場合は、むし歯治療をしてから治療します。
セラミッククラウン
セラミッククラウンは、奥歯の銀歯が気になる方や前歯の形態や隙間、位置がずれている歯がある場合にセラミッククラウンで改善していきます。
治療内容によっては、セラミッククラウンよりも別の選択肢の方が低侵襲(患者様に負担がない)場合もあります。
その時は十分に検討し、治療方法を決めることをおすすめします。
セラミックブリッジ
セラミックブリッジは銀のブリッジが目立つから嫌だというかたがご希望されるケースが多いです。土台の状態を確認しながら、最適な審美修復なのかを検討する必要があります。
ラミネートベニア
ラミネートベニアは歯を極めて薄く削り、その上にセラミックを貼るという治療法です。歯の隙間が気になる方や軽微な歯並びの改善、ホワイトニングでは白くならないと言われた歯を修復するのに適した治療法です。

セラミック治療の注意点

セラミック治療を行う上で患者様にご理解いただきたいことがあります。

  1. むし歯があれば優先的に治療を行う
    むし歯を残したまま治療を行うことはできません。しっかり治療を行った上でセラミック治療を行います。
  2. 歯周病があれば優先的に治療を行う
    歯周病は骨が溶かされ、歯ぐきが退縮してしまう病気です。被せ物をする前に歯の地盤である歯周組織(骨や歯ぐき)の状態を整えなければセラミック治療の真の効果が発揮されず、長持ちすることもできなくなってしまいます。歯周病の改善やその後の定期メンテナンスを行わないと、お望みの結果にならない場合がありますので、歯周病と診断された場合は治療を優先的に行います。
  3. メンテナンスの徹底
    どれだけキレイになってもむし歯や歯周病のリスクまではキレイになりません。せっかく美しい見た目を手に入れることができたのならば、それを維持するためにメンテナンスを行うことをおすすめします。

審美的なお悩みを抱えている方へ

審美改善をするということは、見た目の改善だけでなく心も元気になれる治療です。だからこそ、治療に関しては十分に検討することが大切だと思います。
当院では審美的なお悩みもしっかりとお聞きし、検査や治療計画を立てますので、相談したいと思ったらお気軽にご予約をお取りください。